換気扇・レンジフード

お掃除が大変!!しつこい油汚れといえばレンジフード。フィルターやファンの油汚れはすぐに落ちないので時間もかかるし、お掃除自体もとっても大変。換気扇はキッチンの中でも自分でお掃除をするのが難しい場所のひとつです。本格的にお掃除しようと思っても、家庭用の洗剤ではたまった汚れを落としきれないことがあります。それに、お掃除をしないまま放置していると、ホコリがたまったり油がこびりついたりして、効率的な換気ができなくなってしまいます。換気扇から嫌な臭いがしたら、気持ちも沈んでしまいますよね。プロが行う換気扇クリーニングで、本来の換気力をとり戻しましょう。

レンジフードの分解洗浄はプロにおまかせ下さい!内部のファンも一つ一つしっかり磨き、こびりついた頑固な油汚れもすっきり落とします。

お掃除の流れ

換気扇に汚れが溜まってしまうと換気効率が落ち、周辺が油汚れでベタベタに。また、室内にニオイや煙が充満したり、大量の油汚れの付着により故障の原因になったりします。

注意

※作業の際にお湯を使用させていただきます。
※一部年式の古いレンジフードにつきましてはクリーニング清掃により、可動がよくなり変な音などするものもあります。
※油汚れを取り除く際に専用洗剤を使用することで、設備の種類によって塗装が剥がれたり、変形または質感が変わることもあります。
※防汚・撥水などのコーティング加工が施されているものはクリーニング清掃より効果が損なわれる可能性もあります。
※設備全般におきましては10年以上超える機器つきましては保障の範囲を超えることがあります。
※修理・メンテナンス・部品交換・販売は承れませんのでご了承ください。
※申込み前又は作業前に故障(異音がする等)している場合は承ることができませんのでご了承ください。

レンジフードお掃除ポイントと頻度

時間が経って固まった換気扇の頑固な汚れはなかなか落ちませんが、汚れが固まらないうちであれば簡単に落ちます。理想のお掃除の頻度は、レンジフードまわり1週間に一度、分解掃除は最低でも3~6カ月に一度が理想です。換気扇の掃除は、「汚れたらすぐに」と「こまめに」が原則で、使用する洗剤代をカットして家計の節約ができます。油汚れは気温が高いほうが汚れが緩んで落ちやすいので、面倒な分解掃除は気温の高い夏にするのがおススメです。

ご依頼の流れ

お客様の感想

こちらもご一緒に如何ですか?

© 2020 清掃の達人